見逃してはいけないサイン

病院や老人ホームに勤める看護師になると、避けて通るのが難しいのが夜勤です。体力があるうちは大丈夫と考えていても身体には負担がかかっているものであり、気づいたら体調に支障が生じていることは珍しくありません。特に夜勤が続くと不調が顕著に表れやすく、その中でも睡眠障害は最も典型的な症状です。非番になる翌日に眠れなくなってしまうのは比較的初期に経験する人が多いものですが、他の日にも眠れなくなったり、眠っても疲れがとれなかったり、昼間に睡魔に襲われたりするようになります。一方で、気づかないまま過ごしてしまいやすいのがストレスであり、イライラしている自分に気づいても、なぜイライラしているのか分からずに精神的に不安定になってしまう人もいます。

また、女性の場合にはもう一つ気をつけておきたい健康被害のサインがあります。それは生理に関わるものであり、生理周期が乱れたり月経痛がひどくなったりしたら危険なサインだと注意しましょう。自律神経系の乱れが生じて女性ホルモンのバランスに影響が出てきている状況です。もともとあまり生理が安定していない人の場合には状況の悪化を実感しやすいものの、疲れによるものだと誤解してしまう場合もよくあります。生理の乱れは女性特有の健康被害のサインですから、大したことないだろうと安易に考えないようにしましょう。

こういった健康被害のサインを見逃さず、不調が現れ始めて改善の余地がなければ、働き方を考え直してみましょう。日勤のみの勤務ができるように、夜勤のない病院やクリニックへの転職も検討してみることが大切です。

Leave a Reply