健康重視で選ぶ夜勤のないクリニック

若い女性にとって健康維持は男性に比べても大きな課題となります。これから妊娠して出産し、子供を育てていきたいと考えると、自分の健康が保たれていることが欠かせないからです。病院に務めていると夜勤が必要になり、生活リズムの乱れが原因になって自律神経系に失調が起こることも少なくありません。不眠になるだけでなく、生理周期が乱れてしまって妊娠しようにもできない状況に陥ってしまう女性もいます。そのような状況になってしまったり、その事態を懸念して、結婚したら転職するという道を選ぶ病院看護師も増えてきました。

その事例として多いのが、それまでのキャリアを生かしてクリニックに転職するという道を選ぶ方法です。クリニックでは即戦力を要求することが多いものの、診療科を変えずに転職すれば、病院看護師からは比較的容易に職を得られます。そして、病床がないことから夜勤の必要もなく、勤務時間も比較的安定していて働きやすいことが魅力となるのです。無事に妊娠して出産した後も、そのまま同じクリニックで働き続ける人もいます。これは夜勤のない点や勤務時間の安定度から見ても育児との両立がしやすいからであり、病院からクリニックに転職して、その後もずっと働き続けられることに満足している看護師も増えているのが現状です。生活リズムの乱れによる健康問題を回避するために選んだクリニックへの転職が、最終的には女性として働きやすい職場選びにつながっています。

Leave a Reply