体内リズムを乱さないために

女性は男性に比べると生活習慣の変化に対して敏感に身体が反応しがちであり、夜勤によって健康問題が生じてしまうリスクが高いのが実情です。看護師として病院で働く上では夜勤をする必要がある場合が多いため、十分対策を行っておかないと不調に悩まされる日々になってしまう危険性があります。実際には健康を維持している人が多いことから、適切な対策を行えば大きな支障は生じないとわかるでしょう。

適切な対策として最も有名でありながら実践するのが辛いと考えて失敗してしまう人が多いのが、翌日に昼寝をしないということです。女性に多い体調不良の原因は身体のリズムの狂いであり、自律神経系に支障が生じて健康問題が生じてしまっています。その状況を作らないためには、一日限りの夜勤で身体がリズムを変えようという原動力を作らないことです。睡眠は身体のリズムの変化に大きな影響を及ぼす要素であり、長時間の昼寝をしてしまうと体内時計が狂う原因となってしまいます。夜勤明けで体力的につらいと感じたとしても、昼寝をしないで夜に少し早く就寝するというリズムを維持するように心がけると、リズムに狂いが生じにくくなるでしょう。

身体を良好な状態で維持するための最も基本的なアプローチですが、実際に行おうとしても昼間に眠くなってしまうことはよくあります。その時は15分程度の短い昼寝にして、身体のリズムに影響を与えないように配慮するように心がけることが大切です。

Leave a Reply